本文へスキップ

福祉施設用リハビリサポートマシン、ゲーム機は、全国ネットワークの株式会社ライブスペースにお任せ下さい!


全国の福祉施設様に導入されているリハビリサポートマシンですが、購入を検討されている方々から
「長続きするの?」
「飽きないの?」
「使いこなせるかしら?」
などの声が寄せられています。マシンを長期活用する上では”利用者のモチベーション維持”と、
”施設様になるべく手間のかからない方法”が要求されています。
これらを解決するためにInBodyを活用し『カラダ知る!カラダ遊ぶ!』をご提案いたします。

介護現場において
リハビリゲームを活用する狙い

リハビリゲームへの不安は
ありませんか?

活用術:
カラダ知る!カラダ遊ぶ!

活用術:
モチベーション維持には

活用術:
3つの値がカギ

実際の流れ

測定ガイド付き高精度体成分分析装置
ITO-InBody370

Highslide JS

Highslide JS
【 概 要 】
体の4大構成成分や骨格筋、脂肪、部位別の筋肉バランスを高精度に測定できる計測器

体成分分析機能の魅力を集約させたITO-InBody370
「整形・リハビリの指導や評価指標」、「生活習慣病管理の動機づけ」、「健診や保健指導」、
「フィットネスクラブの利用促進」などで、治療やサービスの質を向上させ、省力化をサポート
いたします。

■仕様
インピーダンス測定 電極法 8点接触型電極
測定周波数 20kHz、100kHz
測定部位 右腕、左腕、体幹、右脚、左脚
体重測定 ひょう量 200kg
目量 0.1kg
出力項目 体重、骨格筋量、体脂肪量
除脂肪量、体水分、タンパク質、ミネラル
部位別筋肉バランス、部位別発達率
BMI、体脂肪率、体型チェック、腹囲、内臓脂肪レベル
身体バランスチェック、身体強度チェック
筋肉調節量、脂肪調節量、体重調節量
基礎代謝量、身体点数
入力項目 ID 1~14桁(数字・アルファベット)
年齢 6~99歳
身長 110~220cm
性別 男性/女性
着衣量(PT) 0~5.0kg(0.1kg単位)
ロゴ表示 結果用紙に施設名、アドレス、連絡先の記載可能
結果用紙の種類 A4サイズ専用結果用紙(基本)、サーマル結果用紙(オプション)
音声案内 測定の進行状態を知らせる音声案内の設置可能
測定画面 カラーLCDから測定過程、測定結果の表示
データバックアップ USB メモリーで機器に保存されたデータのバックアップ可能
ディスプレイ 800×400カラーLCD
入力インターフェイス タッチスクリーン
外部インターフェイス RS-232C(1個)
USB Slave(1個)
USB Host(1個)
プリンター Laser/InkjetPrinter(PCL3、ESCPの互換プリンタ)
測定電流 250μA
電源 電源入力 AC 100~240V、50/60Hz、1.2A
電源出力 DC12V、3.4A
外形寸法 460(W)×677(L)×1020(H):mm
製品重量 20kg
測定時間 体重測定時 4秒
体成分測定時 45秒
測定環境 10~40℃、30~75%RH、70~106kpa
保管環境 -20~70℃、10~95%RH、50~106kPa
ペースメーカのご使用者は利用できません。



使いやすさを極めた機能 タッチパネル・音声ガイダンスで測定のセルフ化を実現できます!
Highslide JS Highslide JS Highslide JS
7インチ大画面フルカラー液晶 タッチパネル・音声ガイド式 角度調節機能


親切な設定とインターフェイス 高齢者も入力しやすい文字の大きなLCDデータ保存機能付きで、履歴グラフも閲覧可能
Highslide JS Highslide JS Highslide JS
個人情報入力画面 体成分測定画面 履歴結果表示画面



高精度・高再現性を実現する技術的特徴
 ・体幹部の単独測定も可能な部位別直接測定
Highslide JS ITO-InBody370は体の部位を四肢と体幹の5部位に分けて測定します。
中でも体幹部は体の大部分を占めている重要な部位ですが、新陳代謝が活発であり、
敏感な変化を捉える為には単独での測定が必要です。ITO-InBody370は四肢とは別に
体幹を単独で測定しますので正確な測定が可能です。


 ・精密な多周波数分析
Highslide JS 体の隅々まできめ細かく分析します。
単周波数では細胞内外に分かれて分布する水分量を正しく測定することはできません。
ITO-InBody370では多周波数を使用し、体成分測定のベースとなる体水分を正確に測定します。


 ・常に安定した8点接触型電極測定
Highslide JS 体成分を測定する際、電極に触れる位置や状態を毎回一定に保つことは難しいです。
ITO-InBody370では8点接触型電極を利用し、測定のスタート位置を常に一定に保つことが可能です。


 ・推定に頼った経験変数の排除
Highslide JS 実際の体は変わっていないのに年齢や性別などによって体成分データが変化してはいけません。
ITO-InBody370では統計的な推定データを利用せずありのままの体成分を測定しますので、
特異体型や筋肉型過体重、隠れ肥満も正しく評価します。



・Inbody370カタログ(PDF 1.75MB)

・InBodyについて(PDF 1.49MB)

・結果用紙(PDF 1.43MB)

・結果用紙の見方(PDF 625KB)




PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)